ビジネスシーンに利用できる不動産│起業サクセス賃貸事務所

様々なタイプがある

貸し事務所は会社を興した場合に借りることが多いのですが、貸し事務所の種類も10平方メートルから200平方メートルの面積を持つものまで様々です。 似たものにレンタルオフィスがありますが、レンタルオフィスは、場所を借りるだけでなく、机や椅子、オフィス機器のレンタルをしてくれるだけでなく、人材まで貸してくれるところもあります。 貸し事務所の歴史は意外と古く、一説によれば明治時代にはあったと言われています。貸事務所が広まったのは戦後です。財閥が解体して、小作農が解放され、さらに農業をしていた農家もその子供の世代は都会に出てサラリーマンになるなど、会社も増えたことに伴い世の中も大きく変わってきました。そこで、必要となったのが貸し事務所なのです。

自社ビルを建ててビルの一室を事務所にしている会社もありますが、やはり多くの中小企業はそこまではせず、貸し事務所を利用している方が金銭的にも負担が少ないと感じていたのです。このように、貸事務所は日本経済が上向いていることに比例して規模を拡大していきます。 ただ、貸し事務所にはデメリットもあります。それは、そこに引っ越しをしてきて会社を始めるまでに時間がかかることです。現代にような時間の流れが速い時代にとっては、貸事務所はその場所で開業するまでに少し時間がかかってしまうのです。これに対してレンタルオフィスはその時間を大きく短縮することが可能です。